安心葬儀のお手伝い
葬儀・葬式の湘和

365日24時間対応
>>コールセンター 0120-24-8130<<

Q&A


数珠
Q. 数珠はなんのためにあるのですか?

A. 数珠とは念珠ともいい、念仏の回数を数える道具です。宗派によって多少の違いはありますが、基本は、念珠の珠は正式には108玉あります。
人間には108の煩悩が有ると言われているので、一つ一つが108の煩悩を司る仏様を表しているため、人間のあらゆる煩悩を念珠が受けてくれると考えられています。


Q. 数珠の正しい持ち方はありますか?

A. 数珠の持ち方としては、以下のようになります。(数珠の持ち方は宗派によって異なります)

焼香時
長い数珠はひとひねりして2連にし、左手にもって右手で焼香。
短い数珠は、左手にかけ右手で焼香します。
img
合掌時
長い数珠は両手の親指に掛け房をたらすか、両手に掛けて合掌。短い数珠は、両手を合わせ数珠をかけ合掌します。両手を合わせて、房が下に来るように、指と指の間にかけます。その時、両腕はきちんと両脇につけ、両手をあまり前方に出さないようにします。
img

Q. 数珠を忘れてしまいました。どうしたら良いでしょうか?必ず持たないといけないものですか?

A. 大丈夫です。仏様に対し心を込めてお参りする事が大事です。

Q&A一覧ページに戻る